under construction

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SteelSeries Sensei[RAW] インプレ

2012.07.31 (Tue)
Twitterでつぶやいた事をまとめただけです。

ボタン類は全てXaiよりかたい。LODはKanaと同じ位(若干高め)で、自分は気にならない。
表面のラバー加工は汗かき専用で手がさらさらだと結構滑る。
レーザーセンサーだからカーソルがぬるぬる動く。
事前情報で直線補正強めとあったんだけど、自分はあまり気にならなかった。
Razer3Gセンサーや旧ZOWIE ECよりは補正少なめ。

クリックが軽いし表面加工も好みなXaiだけどRAWはXaiに比べ若干(10g程?)軽いし、微加速がなくなってるらしいしで、どちらも一長一短かな。当たり前だけどKanaWhiteは表面加工が嫌いだったので乗り換えます。

@ReNo_FPS 理想はXaiのいいとこ取りしてほしかったから☆4!(星5つ中)
っていってもまだFPSで使ってないからほんと第一印象になっちゃうけどw


後日詳しくまとめます
スポンサーサイト

新しいデバイス

2012.07.25 (Wed)
新しいデバイスを注文しました。

ARTISAN 疾風 SOFT L
SteelSeries Sensei[RAW] Rubberized

の、2点です。
疾風は正直必要ありませんでしたが、3000円と安かったので・・・
届いたらレビューしようと思います。

ZOWIE GEAR - ZOWIE G-TF Speed Version レビュー

2012.07.10 (Tue)
zowie_g_tf_mousepad.jpg

ZOWIE GEAR - ZOWIE G-TF Speed Versionのレビューです

滑り
今まで使ってきた布製のマウスパッドの中でも最速の滑りです。
表面はARTISANの飛燕と同じアムンゼン織ですが、飛燕よりもさらさらしていて、目が細かい印象を受けました。
飛燕よりもかなり滑りやすくなっています。
中間層が存在しないのでマウスパッドが全体的にかたいのも滑りに影響しているようです。

止まり
止まりの性能は重要視されていないようです。
中間層がないので全体的にかたく、有名メーカーの布製マウスパッドの中間層(発砲ゴム)のようなやわらかさは全くありません。
そのためマウスソールをマウスパッドに沈み込ませてストッピングするというような事はできないです。

裏面の防滑性能ですが、机にぴたっと吸着するタイプで1度張り付いてしまえば中々ずれないと思います。
ただ机の表面によっては固定できないというようなこともありそうな感じなので注意が必要です。

またこのマウスパッドのその他の特徴としては湿気に強い汚れに強いということです。
ARTISANもよく自社のマウスパッドは湿気に強いと謳っていますが、同じ布地を採用しているARTISAN飛燕と比較するとZOWIE G-TF Speed Versionの方が湿気に強い印象を受けます。

総評としては、人を選ぶマウスパッドだと感じました。

止めやすさはほとんどいらない、とにかく滑りの性能の求めている。
とにかく滑りの良いマウスパッドを求めているが、プラ製のパッドは耐久性に優れていないしソールの消費も激しいので中々選ぶ気になれない。加えてプラ製のパッドはサイズの小さい物が多くローセンシにとっては辛い。
湿気によって滑りが変わるマウスパッドは嫌だ。 マウスパッドのメンテは嫌だ。

こんな方にオススメです。
かなり滑り重視なマウスパッドなので初心者にはオススメできませんが、人によっては良いマウスパッドだと思います。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。