under construction

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Abyssus レビュー

2012.11.25 (Sun)
rzr_abyssus_sideview.jpg rzr_abyssus_sportcard.jpg


■外観等
左右対称のマウス。
サイズは実測で63(W)×114(D)×39(H)mm、重さは72~75g(4亀から引用という手抜き感)
上部はラバー加工サイドはピアノ調の塗装が施されている。
そしてRazerのロゴが青色に光っています。
ちなみに自分はかなりすきなデザインです。

底面にはDPIとポーリングレートの切り替えスイッチがついてます。

■持ちやすさ
最初にデザインを見た感じつまみ持ちが適してそうだと判断してしまいましたが、意外と大きく被せ持ちもいけます。
自分の手の大きさ位なら摘み掴み被せなんでもいけそうです。
サイドはデスアダーと同じ加工なので汗をかいたらすぐに滑りそうというイメージがついていそうですが、マウスの形状が底にいくにつれてシェイプされてるような形状(逆台形のような感じ)なので意外としっかりホールドできます。
それに軽量なのも相まって振り回しやすいので持ちやすさは単純なデザインながら中々良いです。
マイナスポイントとしては、しっかり親指と薬指でホールドするような持ち方だと薬指が痛くなりやすいということです。←自分はコレがイヤ。
余談ですが、↑はヤスリで削るなりの軽い処理をする事に抵抗がない人は問題ないんですけど、邪道ですしレビューには関係ないですね・・・。

■センサー
3500/1800/450dpiの光学式センサー

Abyssusはロットによって不具合の出方が違うらしいですが、今Amazonに出回ってるものは新しいロットに切り替わっているようです。(自分で買って使ってみて、他の人のレビューと比較して、ロットが変わってるなと感じました)
新しいロットの方がよくなってるみたいですが、それでも比較的マウスパッドとの相性が出やすいので注意が必要です。
相性については、カーソル飛びというよりジッター(波うちのようなもの)がでやすい感じです。
自分の環境だと1800dpiならレート1000hzでも大体のマウスパッドで使えます。
ただ450dpiだと一気に波打ちがひどくなります。
ポーリングレート500hzがなぜないのかと小一時間問い詰めたい・・・。

加速は特に感じず、直線補正は全くないわけではなさそうですが、ほぼ気にならないレベルになってます。
リフトオフディスタンスは長め。
これは気になる人は気になるでしょう。

■クリック感
クリック感は重いというわけでもなく、軽いというわけでもない・・・微妙なかたさのメインクリック。
ただ遊びが少ないしクリック位置が高いのでPara等の高速タップには向いてると思います。
安っぽさもないので完成度は高めだと感じました。
ホイールクリックも重くもないし、軽くもない、微妙なラインです。

■ホイール
ノッチ感は若干ある。
まわした感じはKana等のマウスよりはっきり分かる位かたい。
もう少しやわらかい方が多くの人に好まれると思う。

■ケーブル
普通のRazerのケーブル。
細くて邪魔にならないので良いです。

■機能等
・ポーリングレートを125・1000hzの中から選択可能→500hzないのがかなりネック、そして1000hzは少しマウスパッドとの相性問題が出やすい
・DPIを450・1800・3500dpiから選択可能→450はほとんど使い物にならない
・マウス底面にDPIとポーリングレートを切り替えるスイッチ付

■総評
小型(意外と大きいから中型?)軽量マウスとして、Kanaと同じくらい人気が出てもおかしくないと思えるマウス。
昔はマウスパッドを斜めにしないと使えないなどセンサー周りでオワコンとされていたが
今のロットでは設定次第で使えるマウスパッドの幅が広がっているので結構オススメ。
設定面で苦労する事もあるかもしれないけど、シンプルで価格も抑えられている持ちやすいマウスなので、興味があるなら買ってみてもいいと思います。

A.V.A ランキング←AVAランキングに参加してます。クリックお願いします。


スポンサーサイト

ZOWIE GEAR ZOWIE SWIFTレビュー

2012.11.21 (Wed)
IMG_3779.jpg IMG_6898.jpg

ZOWIE GEARのマウスパッド、ZOWIE SWIFTのレビューです。
SWIFTの特徴は今では数少ないプラチック製のマウスパッドである事が挙げられます。
(ただのプラスチックではなく、素材配合を工夫して耐久性を上げているらしいです)

外観等
表面はざらざらとしていてかたいです。
マウスパッドの縁が滑らかになっているため、普通のプラパッドのように手首を傷めることがないのがgood。
裏面は軽い粘着性のあるゴムになっていて机に軽く吸着して固定するタイプです。
サイズは横340mm×縦290mm×厚さ2mmとプラ製ゲーミングパッドとしては標準的?
しかし振り向き20cmを越えるプレイヤーは不満を漏らすレベルであることは間違いありません。
自分は振り向き21cmで使っていて不満でしたが、慣れました。

滑りと止まり
自分自身プラ製のゲーミングマウスパッドを使った経験がほぼないため、普段使っている布製マウスパッドでの比較がメインになります。
まず滑りですが、とにかく滑ります。
普段布のマウスパッドを使っている人からすると、例えるならエアーホッケー状態です。
ただ中央のロゴ部分の滑りが周囲と若干違うようで、たまに引っかかるような違和感を感じる事がありました。
正直中央のロゴはなくてもいいと思うので、マイナスポイントですね。

止め易さについてですが、布と比較するわけにはいきませんので。
そもそも布とプラでは止め方が違うので、慣れが必要な部分になります。
(布は自然に止まる感じですが、プラはしっかり自分で止める動作をしないと止まりません。)
しかしプラパッドとしては比較的止め易いほうで、軽く表面が磨耗してくるとパッドにソールが張り付くような感覚になります。
人によってはこの時点・・・もしくはこうなる前にシリコンスプレーで滑りを回復させたりしますが、もうすこし止めやすい方がいいなという方はそのまま使い続ける事をオススメします。
滑ればいいという方は買ってすぐシリコンスプレーをふると長持ちするのでオススメです。
ただシリコンスプレーを使うとぬるぬる感やエアーホッケー感が増すので注意が必要です。

裏面の滑り止め
外観でも説明したとおり、軽い粘着性のあるゴムになっていて机に軽く吸着して固定するタイプです。
机との相性はありそうですが、プリント化粧版など一般的な机の表面なら問題ないです。
粘着性が落ちた場合は洗うと元通りになります。

布との違い
布製でも最高レベルの滑りであるG-TFSpeedとSWIFTの違う点は、指を表面で滑らせたときの感覚ですね。
布なのでどんなに滑りがよくてもマウスを滑らせたときに指や手首の腹で感じるサラサラ、ジャリジャリとした布らしさはそのままです。
それが布の特徴だと思いますし、それはそれでいいと思うんですが、そこら辺は好みで決めればいいと思います。

ちなみに指も手首もマウスパッドに接地させない方にとっては関係のない話です・・・。

この違いがどう影響してくるかといいますと、フリックショットなどの動作のしやすさです。
プラ製の場合、フリックショットが非常に決まりやすいです。
これは指や手首がマウスパッドに接地した状態でも比較的動かしやすい、というのが大きく影響していると自分は感じます。
対して布製の場合、止め易さこそ優れていますが手首を接地してプレイする人にとってはフリックショットの動作は手首に抵抗が大きく、照準が敵に到達するまでが長いです。(プラ製マウスパッドほどスムーズではありません。)
これはG-TFSpeedだろうがQckだろうがほとんど変わらない部分なので、滑りを活かすなら自分はプラスチックパッドかなと思っています。
ソールx表面の滑り自体もSWIFTの方がいいというのもありますが、滑るマウスパッドを自分が使うとしたらSWIFTですね。勿論好みもあるでしょう。

布からプラに変えた結果
AVAで例えるなら、上にも書いたように近距離のフリックの精度が目に見えて上がりました。
いつも自分が動かす手首の可動域を超えて動かせる感覚がSWIFTだとありました。
ARでの追いAIMはやり辛くなりました。布と同じようにやるには、かなり慣れが必要だと思います。
AVAのARは基本追いAIMなので、自分の場合SWIFTを使う価値を見出すとしたらSRですね。
もしくはParaで追いAIMせずに瞬間的に終わらせてしまう場合もアリかもしれません。

総評
不満があるとしたらサイズと中央のロゴが邪魔な事位で、価格(3000~3500円)に見合う価値はあるマウスパッドだと感じました。
一度は試す価値のある一品だと思います。


A.V.A ランキング←A.V.A Rankに参加しました。よろしければクリックお願いします



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。