under construction

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCCAT Kone Pure レビュー

2013.04.23 (Tue)
securedownload.png

ROCCAT Kone Pureを購入して暫く使用したのでレビューします。

続きを読む »
スポンサーサイト

ROCCAT TAIT MID 3mm レビュー

2013.04.16 (Tue)
50290544.jpg

ROCCAT TAITのレビューです。

外観
サイズは縦320×横400×厚さ3.45と、値段を考えるとサイズは大きめでいいですね。
表面はQckよりも若干白っぽいですが触った感じは変わりません。
裏面はQckとほとんど変わらないですね。

滑り
Qckより良いです。
Qckの滑りに満足できずRazerのゴラスピを買ってみたが滑りすぎるという方に良いかも。
指を滑らせた感じでは縦は引っかかるような感じが強く、横は抵抗なく動かせましたが
実際にマウスを滑らせてみるとその差は僅かで、操作に影響が出るものではありませんでした。

止めやすさ
トスベール、ROCCAT Kone Pureのソールで試しましたが、止め易い印象です。
あまりQckと変わりませんがQckより滑りやすくなっている分若干止めづらいです。

その他
・ラバー部分の厚さは個人的に厚すぎず薄すぎず程よいですね。
QckのHeavyやLEクラスだと若干分厚すぎる感じがあったので、自分はこのくらいでもいいかなと感じました。

・サイズに関しては振り向き25cm程度のローセンシプレイヤーですが不自由には感じません。

・裏面の滑り止めはQckも変わらない感じで、まず滑りません。

・マウスパッド表面右下のロゴは、プリントしてのせてるだけなのでまったく滑りが異なります。

・飛燕を使っていたので表面のサラサラスベスベが気持ちいい…。

総評
無印Qckより少し滑りがよくて、少し中間層が厚いマウスパッドをお探しの方に良いかも。
自分は今まで飛燕以外のマウスパッドはなかなか使う気になれなかったんですが、TAITは思っていたよりよかったので使い続けています。
個人的にはこれからも使い続けようと思える良マウスパッドでした。


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。