under construction

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARTISAN 疾風 レビュー

2012.08.07 (Tue)
IMG_0600.jpg

良い点 (Good)

・初動が軽く、表面の抵抗がほとんどない
するすると滑っていくのでプラ製のマウスパッドを使っている感覚に近いです
・ソールをパッドに沈み込ませる形でのストッピングは滑り易さを考慮すればしやすい部類に入ります
・裏面の滑り止めが優秀でマウスパッドがずれない
・Qck等の一般的な布製マウスパッドに比べると湿気に強い
・表面がさらさら

悪い点 (Bad)

・値段がはる(先日の価格改定によりLサイズが5000円から4000円に下がりましたがそれでも・・・)
・中間層が柔らかいので力を入れればピタっと止めるタイプのストッピングはある程度しやすい(それでも慣れが必要)けど
基本的には滑りが軽い+表面に抵抗がないので、追いAIM等細かい動作の難易度が上がる。
これをメインで使おうとしたらセンシが凄く下がったし、とにかく慣れが必要な点がキツイ。
SRならいいのかなーと思ったり。

総評等

自分がSR専門でやってたら使ってたかなーって思います。
あとはマウスパッドは滑り至上主義だ!ってことでプラ製パッドを使っている人にも一度使ってみて欲しいですね。
ARもやるよって人は隼や飛燕の方が止め易さのバランスもとれていていいかな。と自分は感じました。


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。