under construction

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SteelSeries Sensei[RAW] Rubberized レビュー

2012.08.07 (Tue)
無題

SteelSeries Sensei[RAW] Rubberized レビュー

余計な機能を排除し、軽量化を果たしたSenseiの廉価版という事でかなり期待していたSensei[RAW]のレビューです。
Xaiとの比較が多いです。

■外観
基本的にはSenseiやXaiと同じ。シンプルで落ち着いた外観となっており、万人受けするのではないだろうか。
ロゴの部分はLEDで光る仕様になっていて、常時点灯やデスアダーのようにゆっくり点灯させる事もできる。勿論OFFにすることもできる。

■持ちやすさ
まずは表面加工について。
表面サイド共にさらさらとしたラバーコーティングが施されており、Xaiと比べるとグリップし辛いのは否めない。
(Xaiのサイドのラバー加工はさらさらというよりゴムゴムしい感じだったと記憶しているのだけど・・・改悪?)
まぁ汗っかきならこの加工もいいかもしれない。
しかし汗っかきだとしてもXaiのコーディングの方が優秀だと感じた。
ただECevo等最近流行しているマウスもSensei[RAW]と同じ加工なので、一般的に許容できる範囲内ではあると思う。

肝心な持ち易さだが、軽量化されているので確かに安定している+以前Xaiを使っていたときよりもたつく感じは少ないかもしれない。
ただ先ほど述べたようにグリップに不安が残る分、リフトオフ等する際に無駄な力が入りせっかくの軽量化の恩恵を充分に得る場面が少ないとも感じた。
ネガティブな面ばかり挙げてしまったがメリットとデメリットが打ち消しあってプラマイ0といった感じか。

基本的な形はXaiやSenseiと同じなので左右対称のマウスとしては万人に勧められる形

■センサー
最大5700DPIのレーザーセンサー。
マウスパッドとの相性等は基本的にSenseiと同じレベルだと思っていい。
柄物の布製マウスパッドでも問題なく使えることが多く、手持ちのマウスだと相性問題が多発していたARTISAN隼でも問題なく使用できた点は素直に評価できると感じた。
リフトオフディスタンスが若干長く、Kanaと同レベルだろうか?布製マウスパッドなら10円玉3枚で完全に反応しなくなり、プラスチック製マウスパッドなら2枚で完全に反応しなくなるといった感じ。
3.5Gセンサーよりはマシだけど気になる人は気になるレベルかな。
直線補正は思ったより弱めだったので驚いた。Kanaと同じ位だろうか。
斜めの微調整もふつうにできるレベルなので、補正嫌いの人もあまり危惧する必要はない。
jhg.png
↑参考画像

■クリック感
メインクリックはオムロンのスイッチが使われているということで、ZOWIE AMやSteelSeries Kanaに比べるとかなり軽い。
ストローク短めの軽いクリック感だ。
Xaiと比較すると、Xaiよりもストローク短めで、若干重いクリック感になっている。
たまに左クリックをミスで押してしまい誤射してしまう事があったがWMOのどうしようもない感とは程遠く、慣れでカバーできる範囲だ。

■ホイール
XaiやKanaと似たような形だがその2つよりノッチがハッキリしていて、若干かため。
QCや武器チェンジも問題なく行うことができる。
ホイールクリックは普段使わないので分からないが、所持マウスはどれも硬いと感じていて、RAWも似た感じ。
WMOはホイールクリック軽いんだけど。

■サイドボタン
サイドボタンはTTCのスイッチが使われている。
カチカチとハッキリしたクリック感で押しやすい。
サイドボタンはラバーコーディングではなくプラ梨地なので触った感じも良好。
個体差だろうが一般的に"戻る"のボタンが"進む"のボタンより気持ち出っ張っていて前後の間違いも少ない。
誤爆もなく使い勝手は良好だ。

■ケーブル
かなり太めのファブリック(布)ケーブル。
Kana含めほとんどのマウスではギリギリ使えたRazerMouseBungeeにも収まらない。
(ただヤスリで多少削ればぎりぎり入るレベルにはなる)
反発する力もファブリックケーブルにしては強いのでケーブルアンカー等の環境はしっかり整えておきたい所。

■機能
マウス本体に設定を1つ保存可能
DPIを90刻みで調整可能(最大5700)
LEDの照度等を設定可能(OFF可能)
ポーリングレートを125/250/500/1000Hzの中から設定可能

■総評
無難に選ぶならSenseiだが、LODが長くても気にしないとかその他機能が省かれてもかまわない、少しでも軽い方がいいとかであれば、Sensei[RAW]は充分選択肢に入りえると感じた。
あとはレーザーセンサーなのに使えるマウスパッドが多いのはかなり高評価。
総合的にはオススメだが、LODが長めなのでその辺を注意しつつ購入して欲しい。

 

コメント

直線補正の詳細なレビューありがとうございます。

これなら許容範囲内ですね。
コメントありがとうございます
参考になったのなら幸いです:)

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。