under construction

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフラインで使用したオススメのサウンドデバイス

2013.09.02 (Mon)
7月27日に秋葉原で行われたAVARST 2013 Season2 爆破部門オフライン3次予選リーグでオフライン用に準備したサウンドデバイス達が中々良かったので皆さんにもオススメしときます。

設定とデバイス構成は↓。
Windows7設定
ステレオ(2ch)

デバイス
Sennheiser PC350(マイクのみ使用)
Etymotic Research HF5
AUDIO TRAK MAYA U5

遮音性と設定の簡単さを重視して選びました。


とりあえず上のデバイスから1つずつ感想を綴っていきます。

Sennheiser PC350(マイクのみ使用)
PC350はヘッドセットの中でも割と締め付けがきつく遮音性が高いと言われていますが、単体で完全に騒音をシャットアウトというのは難しいです。
今回はとにかく遮音性を確保したかったので、マイクのみ使用しました。
遮音性を確保したいのと首掛けが嫌いなのでイヤホンの上から着用です。(ここ重要)
これをやることによりPC350の遮音性とHF5の遮音性が合わさり、周りのチームの声がほとんど気にならなかったです。

マイクは指向性のあるマイクでノイズが入らない物ならどれでもOK。
つまり遮音性高めでマイクは指向性でノイズが入らない、ナイスなヘッドセットを探しましょってことです!

Etymotic Research HF5
付属のイヤーチップ(3段フリンジの白と透明)の遮音性がすんごいのでオススメです。
音は普段音楽用で使ってるイヤホンをゲーム用で使ってるわけじゃないので比較は出来ないんですけど、
普段自宅でSoundBlaster XtremeGamer+PC350でやってる時よりMAYA U5+HF5の方が聞き取りやすかったので、つまりはそういうことです。
3段フリンジのイヤーチップでずっとつけてると耳が痛くなるけど、遮音性を確保したい、ゲーム用のイヤホン探してるって人にはオススメしたいですね。
ただ自宅では別のイヤーチップを使用することをオススメします。(いざって時の親フラに気づかないのを防止する為にも。)

AUDIO TRAK MAYA U5
USBで接続するオーディオインターフェースです。
接続するだけですぐに使用可能なのでオフラインではとても頼もしい存在でした。
音はひとつひとつの音が際立ったような感じで、FPS向きだと思います。
足音は確実に聞き取りやすくなりました。
ただ残念なのは、足音が聞き取りやすくなったのはいいけど、銃声も聞き取りやすくなりました(要はうるさい)

商品ページを見る限り、FPSも意識されてるのかなーと。

今のAVAだとサウンドブラスターに拘る必要はないのかもしれませんね。
あのAstrickも使ってたみたいです。
ただ、初期不良が多いみたいなのでそこらへんは注意が必要ですね(勿論サポートはしっかりしてるので初期不良で交換できますよ)

---

こいつらを組み合わせると、自宅のまったり環境(PC350+XtremeGamer)よりもサウンドプレイができたので、意識が高い人は今のうちから揃えて慣れておくといいかも。


  

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。