under construction

マウス の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Abyssus レビュー

2012.11.25 (Sun)
rzr_abyssus_sideview.jpg rzr_abyssus_sportcard.jpg


■外観等
左右対称のマウス。
サイズは実測で63(W)×114(D)×39(H)mm、重さは72~75g(4亀から引用という手抜き感)
上部はラバー加工サイドはピアノ調の塗装が施されている。
そしてRazerのロゴが青色に光っています。
ちなみに自分はかなりすきなデザインです。

底面にはDPIとポーリングレートの切り替えスイッチがついてます。

■持ちやすさ
最初にデザインを見た感じつまみ持ちが適してそうだと判断してしまいましたが、意外と大きく被せ持ちもいけます。
自分の手の大きさ位なら摘み掴み被せなんでもいけそうです。
サイドはデスアダーと同じ加工なので汗をかいたらすぐに滑りそうというイメージがついていそうですが、マウスの形状が底にいくにつれてシェイプされてるような形状(逆台形のような感じ)なので意外としっかりホールドできます。
それに軽量なのも相まって振り回しやすいので持ちやすさは単純なデザインながら中々良いです。
マイナスポイントとしては、しっかり親指と薬指でホールドするような持ち方だと薬指が痛くなりやすいということです。←自分はコレがイヤ。
余談ですが、↑はヤスリで削るなりの軽い処理をする事に抵抗がない人は問題ないんですけど、邪道ですしレビューには関係ないですね・・・。

■センサー
3500/1800/450dpiの光学式センサー

Abyssusはロットによって不具合の出方が違うらしいですが、今Amazonに出回ってるものは新しいロットに切り替わっているようです。(自分で買って使ってみて、他の人のレビューと比較して、ロットが変わってるなと感じました)
新しいロットの方がよくなってるみたいですが、それでも比較的マウスパッドとの相性が出やすいので注意が必要です。
相性については、カーソル飛びというよりジッター(波うちのようなもの)がでやすい感じです。
自分の環境だと1800dpiならレート1000hzでも大体のマウスパッドで使えます。
ただ450dpiだと一気に波打ちがひどくなります。
ポーリングレート500hzがなぜないのかと小一時間問い詰めたい・・・。

加速は特に感じず、直線補正は全くないわけではなさそうですが、ほぼ気にならないレベルになってます。
リフトオフディスタンスは長め。
これは気になる人は気になるでしょう。

■クリック感
クリック感は重いというわけでもなく、軽いというわけでもない・・・微妙なかたさのメインクリック。
ただ遊びが少ないしクリック位置が高いのでPara等の高速タップには向いてると思います。
安っぽさもないので完成度は高めだと感じました。
ホイールクリックも重くもないし、軽くもない、微妙なラインです。

■ホイール
ノッチ感は若干ある。
まわした感じはKana等のマウスよりはっきり分かる位かたい。
もう少しやわらかい方が多くの人に好まれると思う。

■ケーブル
普通のRazerのケーブル。
細くて邪魔にならないので良いです。

■機能等
・ポーリングレートを125・1000hzの中から選択可能→500hzないのがかなりネック、そして1000hzは少しマウスパッドとの相性問題が出やすい
・DPIを450・1800・3500dpiから選択可能→450はほとんど使い物にならない
・マウス底面にDPIとポーリングレートを切り替えるスイッチ付

■総評
小型(意外と大きいから中型?)軽量マウスとして、Kanaと同じくらい人気が出てもおかしくないと思えるマウス。
昔はマウスパッドを斜めにしないと使えないなどセンサー周りでオワコンとされていたが
今のロットでは設定次第で使えるマウスパッドの幅が広がっているので結構オススメ。
設定面で苦労する事もあるかもしれないけど、シンプルで価格も抑えられている持ちやすいマウスなので、興味があるなら買ってみてもいいと思います。

A.V.A ランキング←AVAランキングに参加してます。クリックお願いします。


DRTCM12とZOWIE EC2(Blue)を比較しつつレビュー

2012.09.06 (Thu)
DRTCM12(メインでレビューするのはコチラ)とZOWIE EC2 Blueを比較しつつレビューしていきます。

長めなので続きからどうぞ


続きを読む »

SteelSeries Sensei[RAW] Rubberized レビュー

2012.08.07 (Tue)
無題

SteelSeries Sensei[RAW] Rubberized レビュー

余計な機能を排除し、軽量化を果たしたSenseiの廉価版という事でかなり期待していたSensei[RAW]のレビューです。
Xaiとの比較が多いです。

■外観
基本的にはSenseiやXaiと同じ。シンプルで落ち着いた外観となっており、万人受けするのではないだろうか。
ロゴの部分はLEDで光る仕様になっていて、常時点灯やデスアダーのようにゆっくり点灯させる事もできる。勿論OFFにすることもできる。

■持ちやすさ
まずは表面加工について。
表面サイド共にさらさらとしたラバーコーティングが施されており、Xaiと比べるとグリップし辛いのは否めない。
(Xaiのサイドのラバー加工はさらさらというよりゴムゴムしい感じだったと記憶しているのだけど・・・改悪?)
まぁ汗っかきならこの加工もいいかもしれない。
しかし汗っかきだとしてもXaiのコーディングの方が優秀だと感じた。
ただECevo等最近流行しているマウスもSensei[RAW]と同じ加工なので、一般的に許容できる範囲内ではあると思う。

肝心な持ち易さだが、軽量化されているので確かに安定している+以前Xaiを使っていたときよりもたつく感じは少ないかもしれない。
ただ先ほど述べたようにグリップに不安が残る分、リフトオフ等する際に無駄な力が入りせっかくの軽量化の恩恵を充分に得る場面が少ないとも感じた。
ネガティブな面ばかり挙げてしまったがメリットとデメリットが打ち消しあってプラマイ0といった感じか。

基本的な形はXaiやSenseiと同じなので左右対称のマウスとしては万人に勧められる形

■センサー
最大5700DPIのレーザーセンサー。
マウスパッドとの相性等は基本的にSenseiと同じレベルだと思っていい。
柄物の布製マウスパッドでも問題なく使えることが多く、手持ちのマウスだと相性問題が多発していたARTISAN隼でも問題なく使用できた点は素直に評価できると感じた。
リフトオフディスタンスが若干長く、Kanaと同レベルだろうか?布製マウスパッドなら10円玉3枚で完全に反応しなくなり、プラスチック製マウスパッドなら2枚で完全に反応しなくなるといった感じ。
3.5Gセンサーよりはマシだけど気になる人は気になるレベルかな。
直線補正は思ったより弱めだったので驚いた。Kanaと同じ位だろうか。
斜めの微調整もふつうにできるレベルなので、補正嫌いの人もあまり危惧する必要はない。
jhg.png
↑参考画像

■クリック感
メインクリックはオムロンのスイッチが使われているということで、ZOWIE AMやSteelSeries Kanaに比べるとかなり軽い。
ストローク短めの軽いクリック感だ。
Xaiと比較すると、Xaiよりもストローク短めで、若干重いクリック感になっている。
たまに左クリックをミスで押してしまい誤射してしまう事があったがWMOのどうしようもない感とは程遠く、慣れでカバーできる範囲だ。

■ホイール
XaiやKanaと似たような形だがその2つよりノッチがハッキリしていて、若干かため。
QCや武器チェンジも問題なく行うことができる。
ホイールクリックは普段使わないので分からないが、所持マウスはどれも硬いと感じていて、RAWも似た感じ。
WMOはホイールクリック軽いんだけど。

■サイドボタン
サイドボタンはTTCのスイッチが使われている。
カチカチとハッキリしたクリック感で押しやすい。
サイドボタンはラバーコーディングではなくプラ梨地なので触った感じも良好。
個体差だろうが一般的に"戻る"のボタンが"進む"のボタンより気持ち出っ張っていて前後の間違いも少ない。
誤爆もなく使い勝手は良好だ。

■ケーブル
かなり太めのファブリック(布)ケーブル。
Kana含めほとんどのマウスではギリギリ使えたRazerMouseBungeeにも収まらない。
(ただヤスリで多少削ればぎりぎり入るレベルにはなる)
反発する力もファブリックケーブルにしては強いのでケーブルアンカー等の環境はしっかり整えておきたい所。

■機能
マウス本体に設定を1つ保存可能
DPIを90刻みで調整可能(最大5700)
LEDの照度等を設定可能(OFF可能)
ポーリングレートを125/250/500/1000Hzの中から設定可能

■総評
無難に選ぶならSenseiだが、LODが長くても気にしないとかその他機能が省かれてもかまわない、少しでも軽い方がいいとかであれば、Sensei[RAW]は充分選択肢に入りえると感じた。
あとはレーザーセンサーなのに使えるマウスパッドが多いのはかなり高評価。
総合的にはオススメだが、LODが長めなのでその辺を注意しつつ購入して欲しい。

 

SteelSeries Kana White レビュー

2012.06.11 (Mon)
productoverview_pictures_kana_white.png

SteelSeries Kana White レビュー

※Xaiとの比較が多いです

■外観
SenseiとKinzuの中間の大きさに位置するKana。
見た感じは縦の長さ以外ぱっとみXaiとほぼ同じ。
思ったより大きいな、というのが初見の感想だった。
よく形で比較されるのはSenseiXaiKinzu以外だと、
MS社のWheelMouseOptical(WMO)・IntelliMouseOptical(IMO)やZOWIE GEAR社のZOWIE AM等がある。

■持ちやすさ
まずは表面加工について。
上部とサイドボタンのガワはぬるつるっとしていて、頻繁にホームポジションを移動する人には向かない。
汗をかいてもかかなくてもほとんど滑らないので、どちらを買うか迷っている方はその辺で判断するといいだろう。
サイドの加工についてだが少しざらざらした感じのある梨地といった感じ。
ただ本当に少ししか加工されていない為、サイドは滑りやすいと感じる人も多いかもしれない。
ちなみに筆者はWhiteを買って少し後悔した。ラバーコーティングに慣れるとやはり違和感を覚える人が多いのではないだろうか。
見た目はWhiteの方が好きなのだが・・・。

持った感じだが、AMよりも大きく、Xaiよりも少し小さい。といった感じ。
高さはXaiと比較しても違いが分からないレベルだが、横は若干スリムになっているとすぐに分かる。
自分の手の大きさだと、手にフィットする度合いでいけばXaiよりもKanaの方が適している感じはある。(Xaiは指先が余っていた)
ただやはり大きい方が安定している感があるのも事実だ。
また持ち方はかぶせ持ち、つかみ持ち、つまみ持ちなんでもいける様で、Xaiで指先が余っていた人はKanaにしてもほとんど違和感がないと思われる。

KanaはXaiと同じくサイドのシェイプがあるため、AMやIMOと比べると非常にリフトオフがしやすい。
マウス自体も79g程度と非常に軽い部類に入るため、その取り回しのしやすさはそれなりな大きさの事も考えるとかなり好評価だ。

大きさと軽さのバランスは、WMOライクな所が多いかもしれない。

■センサー
ネイティブ400・800DPIで、ソフトウェア補間で1600DPI・3200DPIの光学式センサー

実際に使うのはどのセンシ帯でも400・800DPI程度あれば十分なので、ソフトウェア補間の1600DPI3200DPIはよほどの事情がない限りは使わない方が無難だろう。

筆者が主に使っているDPIは400で振り向き22cmのローセンシだが、今の所ネガティブアクセルを感じたりするようなことはない。
ただQck+LE fnatic等の一部の柄物マウスパッドではネガティブアクセルがおきるという報告もあるので、柄物マウスパッドは使わない方が無難だろう。

またデフォルトで微加速がかかっていると言う人が多いのだが、
実際のところ自分は加速のないマウスとの違いが全く分からなかったので、ほぼ気にならないレベルといっていいだろう。
そして直線補正だが、若干補正はあるようだ。 ただこちらも気にするほどのレベルではないので、スナイパーの人でも補正を危惧する必要はほとんどないといっていい。

リフトオフディスタンス(マウスを持ち上げたときに反応しなくなる高さ)だが、これは若干長めだ。
筆者は一時期RazerDeathAdder3500というリフトオフディスタンスのかなり長いマウスを使っていた時期があり、
そのリフトオフディスタンスだけが気になりそのマウスを使うのをやめたという過去があるのだが、
Kanaに至っては1日程度で慣れてしまい気にならなくなったので、その辺もほとんど心配ないだろう。

■クリック感
メインクリックはXaiより重く、AMより軽い。ストロークは短い。
TTC製のスイッチを使っているようだ。
カチッとしっかりした入力感があるので、タップ撃ちはしやすい。
サイドボタンもメインクリックと同じくカチッとした入力感がありつつストロークは短くて、感触は良好だ。
メインクリックの固さの評価は好みで変わる部分が大きいイメージだが、このサイドボタンは好みな人が多いのではないだろうか。
そしてホイールクリックだが、こちらは軽い入力感となっている。

■ホイール
ノッチ感は若干あるがぬるぬる回る。
QCもしやすく感触は良好。

ただ1つ問題があり、ホイールの入力が中途半端になっているのか、
ホイールの上下どちらかが勝手に入力されてしまい武器チェンすることが稀にあった。
これは本当に稀なのだが、他にも同じ症状が出ている人を見たので注意する必要がありそうだ。といっても、本当に稀にしか起きないので注意のしようがないのだが・・・。

■サイドボタン
サイドボタンは左右に大きく1つずつ配置されており、押し間違えるといった事はありえない仕様になっている。
プレイ中の誤爆だが、かぶせ持ちでもよほど強くホールドしない限り誤爆してしまうということはないだろう。
誤爆しないのにサイドボタンが大きく押せるので、サイドボタンに関しては今まで使ったマウスの中で一番良く感じた。

■ケーブル
かなり固めのファブリック(布)ケーブルだ。
ここまで固いと布である必要性を感じないのは筆者だけだろうか・・・。
とりあえず、コードホルダーは必須かと思われる。

■機能
・ポーリングレートを125・250・500・1000hzの中から選択可能(500hz安定)
・DPIを400・800・1600・3200DPI(1600・3200はソフトウェア補間)から選択可能
・ホイール下のボタンでDPIを2段階変更できる(見分け方はLEDの照度)
・↑LEDの照度を4段階から選択可能OFF~Highまで選択できる
(上記機能はSteelEngineをPCにインストールした場合にのみ使用可能)

Xaiのようにオンボードメモリを搭載していないためオフラインでの使用がどのようになるかが気になる所。
おそらくDPIは400・800の2つが使用可能な感じだろうか。
ファームウェアの更新はPCを変えても持続されるのか?そこら辺は詳しくないのでよく分からない。分かり次第追記する予定。

■総評
それなりの大きさでとても軽いマウス・かつサイドボタン有ということで、IMOやWMOの後継機を探していた方にとってはまさに至高のマウスといえるのではないだろうか。
個人的には表面加工の部分が気になったが、それ以外は概ね満足。
これといった欠点も加工以外見当たらないので、先日断線したXaiに替わりKanaを使用している。(調子は良好)
大きさもXaiよりKanaの方が日本人向けだと思うし、なかなかナイスなマウス。

 

SteelSeries Xai Lazer レビュー

2012.05.12 (Sat)
Xai.jpg
SteelSeries Xai Lazer レビュー

■外観
シンメトリーデザインのマウスとしては大きめ。
ただし、縦横の大きさはあるが高さは低い
デザインはシンプルだがケツの部分にSteelSeriesのエンブレムが貼ってある
爪でかいたりすると剥がれる位なので、取り扱いは慎重にしたい。
似たような形のマウスにはMS社のWheelMouseOptical・SideWinderX3等がある。

■持ちやすさ
かぶせ持ち、つまみ持ち、つかみ持ち等色々なマウスの持ち方に対応しておりその点では万人に勧められる。
サイドが若干シェイプしているのでリフトオフしやすい。シェイプしすぎているマウスは持ち方を制限されやすいのだが、Xaiに至ってはそれがないので高評価。
表面加工はさらさらとしているが、しっかりとグリップ出来、汗をかいても違和感が出にくいので完成度はかなり高い。
重さは98g程度と大き目のマウスという括りにしては軽いか普通位の印象を受ける。
ガワとクリック部分が一体になっているので、クリックできる範囲が広い。このことからクリックする部分がケツ寄りになってしまうつまみ持ちでも問題なく使用できる。

■センサー
DPI設定100~5001DPI(1刻みで設定可)のレーザーセンサー
デフォルトで微加速がかかっているというが、多くの人が感じ取れないレベルで神経質になる必要はないという事は留意しておきたい。
埃の影響を非常に受けやすく、同社QckやRazerゴライサススピード等のマウスパッドで相性問題が起きやすい。
環境によっては問題なしとの報告もあるが、同じマウスパッドや似たマウスパッドを使用している人は注意しておくべき点だろう。

■クリック感
メインクリックはストロークが若干長く、クリックは軽い。連射もしやすいので大抵の人は満足できるのではないだろうか。
サイドボタンはカチカチッとしていてクリック感は軽い。ストロークはどちらかというと浅いか。
ホイールクリックは軽くもないし、重くもない。ホイールの高さはまぁ普通くらいなのでホイールクリックを使用する人でも問題ないかと思われる。

■ホイール
ノッチ感は若干ある。RazerやZOWIEのマウスのようなゴリゴリ感はない。あれよりももっとスムーズに回る。
ぬるぬるとまではいかないがどちらかというとぬるぬる寄りだということは記しておく。
ホイールQCは問題なく出来る感じだ。

■サイドボタン
筆者の手の大きさだとかぶせ持ちでサイドボタン1の下全体を埋めるような形で親指がくる。他はつかみ持ちならサイドボタン1と2の間、つまみもちならサイドボタン2のあたりに親指がくる。
筆者はかぶせ持ち・つかみ持ちでよく使用しているが、位置は絶妙で、特に使いにくい、と感じたことはない。
スイートスポットの近くに配置されているが、意図せず押してしまうというようなことも全くなかったので、完成度は高いと言えるだろう。

■ケーブル
ファブリックケーブル(布巻き)になっている。若干固めだが取り回しが特別しやすい、しにくいということはない。
ただしケーブルアンカーは用意したい所。

■機能
機能はかなり豊富で、普通に使用している分で困るということは滅多にないだろう。

・SteelSeries ExactSense・・・DPIを100~5001で、1刻みで設定可能
・SteelSeries ExactRate・・・ポーリングレートを1~1000Hz、1刻みで設定することが出来る。(余談だがメーカーはモニタのリフレッシュレートの倍数で設定すると良いと謳っている。)
・SteelSeries FreeMove・・・直線補正の有無とそのレベルを設定できる(標準で若干補正がかかっている)
・SteelSeries ExactAim・・・カーソルの細かいブレに対し補正をかけることが出来る。ジッター等が発生した場合に使うと良いかもしれない。簡単に書くと、カーソルのぬるぬる度を上げる機能。
・Acceleration・・・加速補正の有無とそのレベルを設定できる(上にも書いたが標準で微加速が入っている)
・リフトオフディスタンスはマウスパッドに合わせて自動で1~2mm程度?に調整してくれる。
・プロファイル設定を5つ登録可能(全体的な設定情報を5つ登録し保存することが出来る機能)
・オンボードメモリが内臓されており、自宅のPCで設定した情報はマウス内にも自動で保存される。
このことからオフラインにマウスを持っていったときでも、すぐに自宅と同じ設定でプレイすることが出来る。
またマウス底面にLCDディスプレイが内臓されており、外出先で専用のソフトをDLしなくてもマウスの設定が可能。
・マクロ設定可能(筆者はマクロ機能を使用しないので何も分からないが、上手く機能しないらしい)

などなど、人によっては使ったり使わなかったりする機能もあるが、万人に対応できるよう、細かく設定することが出来る。

■総評
シンメトリーデザインとしてはスタンダードで、様々な持ち方に対応している洗練された形状。
かつ機能面を見ると高いカスタマイズ性があり、多くの人に勧められるマウスではないだろうか。
唯一の不満は同社Qckで稀に不具合が起きるセンサー部分だが、そこはマウスパッドを変えるなりして対応するしかない。
しかし、その点さえ気にならなければ8000円~1万円という価格の今でも購入する価値のあるマウスだと自分は感じた。
« Prev  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。